A33faa5dd8ea4cec64241f29df06e377
i_yokanのごはん日記

日帰り「モネの池」

2018/10/08 01:37 朝ごはん 昼ごはん 晩ごはん イベント 趣味 くらし 家族

 三連休の中日、家族三人でお出かけしてきました。


 行った先は、台風を避け南へ。インスタ映えすると最近評判の、通称「モネの池」です。もっと近くて簡単に行って来られると思っていたのですが、出かける時に設定したナビの到着予想時刻を見て「えっ?」と声が出ました。 (^_^)


 サービスエリアで休憩を取りながら、スムーズに「モネの池」に到着しました。水底の白い砂、生えているスイレンやコウホネ等、そこに錦鯉の色がマッチした、素敵な池でした。

 モネの池というのは岐阜県関市板取にある根道神社の池のことです。ちょうど昨日はこの神社のお祭りの日でした。

 大勢の観光客が池を撮影していました。中には、野鳥を撮る時に使う長いレンズ付きのカメラを持っている本格的な方もいました。

 売店で聞こえてきた話では、「わき水なので一年を通して水温が変わらず、冬もスイレンやコウホネなどが枯れず紅葉したようになり・・・。朝が一番きれいに・・・。今は花の時期が終わっていて・・・。云々」

 今日咲いていた花はほんの数輪、それにお昼頃の到着だったのですが、私達は十分に満足しました。


 しっかり見て、しっかり撮影し、次は食事です。


 モネの池までの道沿いに「鮎」を出すお店が沢山あったので、岐阜と言ったら「鮎」とすり込まれ、川魚を焼いて出してくれるお店を探していました。

 車を走らせていると、ネットで「モネの池」のことを丁寧に書かれていた方一押しのお店を家族がみつけました。

 川沿いの、雰囲気ある川魚料理専門店です。

 鮎、アマゴ、イワナ等の、塩焼き、唐揚げ、魚田等々、三人それぞれ違う物を注文しました。

 「川魚をメインにご飯を食べたのは初めて。」とか「美味しいものだね。」等と話しながらゆっくり頂きました。

 板取川の流れです。水が少しだけ白く色づいています。土壌が関係しているのでしょう。モネの池も薄いけれど似たような色でした。


 続いて、板取川温泉に入浴しに行きました。温泉の外観の写真だけでも撮ってくれば良かったのですが~ 残念!



 入浴後は、少し戻ってトンネルを抜け、一山東の郡上八幡へ向かいました。行く先は、郡上八幡城です。急遽予定に入れたのです。

 城下町? 宿場町? 雰囲気いっぱいの町並みの中を走り、お城の麓に向かいました。駐車場の看板を横目に細い山道を車で上りました。

 夕日が当たり素敵でした。


 これは、天守から眺めた郡上八幡の市街です。

 天守まで登り、展望して、山城を実感しました。攻めるには難しいお城です。石垣の石一つを見ても、重機の無い時代にこれだけのものをよく作ったとびっくりさせられました。


 天守の中には貴重な品々がいくつも展示されていました。

 右の断面に「日本一」の文字が浮かんでいる材の横には、右の説明書きがありました。

 歴史を動かすことに関わった大切な品ということが分かりました。天守の最上階に置かれていました。


 これで、今回の日帰り旅の帰途につきました。三日あるといろいろなことが出来るねと話しました。


 ちなみにこれは、サービスエリアで食べた朝ご飯と夕ご飯です。コンビニがあったり、出店があったりと、サービスエリアも変わってきているのを感じます。


 素敵な一日でした。一日で400km以上運転してきました。無事に行ってこられて良かったです。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください